2020.07.31 更新

緊急事態宣言で激変したキャバ嬢&風俗嬢の状況 その2

●慣れない職場でセクハラ三昧(デリヘル嬢・28歳)

 デリヘルは自宅に呼んでくれるお客さんが増えて、“コロナ特需”もあるなんて噂されてたんですけどね。実際、そういう方もいるんですけど、やっぱりまれで、ふたを開けてみればお茶を引いてばかり。出勤は週5から週1に減らされちゃいました。

 当然、これでは生活ができないので、アルバイトをすることにして、こんな時期に仕事なんか見つからないと思いきや、あちこち急募してるんですよ。子供の学校が休みになってしまい、家で面倒を見なきゃいけなくなったパートの主婦たちが、シフトに穴を開けてるみたいなんです。

 ただ、私もスーパーに採用されたのはいいんですけど、長年染まった“夜の匂い”は隠しきれないのか、おじさんスタッフたちから濃厚接触のセクハラ三昧。それどころか、客のおじいちゃんたちからも「マスクをあげるから、仕事が終わったらうちに来なさい」なんてナンパ(?)される始末ですからね。

 一時期はクラスターが起きて、全員死なねーかなと本気で願ってましたよ。
 とはいえ、これって考えようによっては、逆にチャンスだなと気づいたんです。世の中が落ち着く頃には、こいつら全員を本業の“太客”にできるように適度にあしらっときますよ。

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->