2019.10.25 更新

既婚OLの沙耶さん(仮名・34歳)

~夫とは別行動の花火大会でエッチ上手な元カレと再会~

 既婚OL代表の沙耶さん(仮名・34歳)の体験談。
「昔から花火が大好きで、毎年、夏になるとあちこちに出かけます。一緒に行くのは友達だったり、彼氏だったり、結婚してからは主に夫と一緒です。でも、実のところ今の夫は『人混みが嫌』とか言って、あんまり花火大会が好きじゃないみたい」
 その年も沙耶さんにせがまれて、渋々と花火大会に付き合ったご主人であったが…。

「会場が混雑するにつれて『疲れた』とか言い出して、先に帰っちゃったんです」
 仕方なく1人で花火を見物していると、背後から聞き覚えのある声がした。
「それがなんと…学生の頃、ほんの一時期だけ付き合った元カレ。そう言えば、一緒に花火を見たこともあったかな」

 甚平にサンダルというカジュアルな姿の彼と、昔話に花が咲いた。
「で、思い出してきたんですが、彼…歴代の恋人の中でも一、二を争うくらい、エッチが上手だったなと」
 ついでに別れた原因も思い出したが、ほかに女がいたことであった。性に好奇心が強いので、それだけモテたのであろう。
「あれこれ考えながら花火を見上げていると、彼の手が浴衣の合わせからアソコへ、するする滑り込んできました。私、浴衣のときはノーパンだから、じかに指先がアソコに触れて、あっという間にジュンジュワーと濡れてきちゃった。私もすっかりソノ気になって、背後に手を回して彼のオチ○チンを握りしめていました。太くて硬くて、懐かしい感触でした…」

 そうなるともう、花火どころではない。
「ラブホにでも入って、ゆっくり楽しんでもよかったんですけど…彼が『ここでしよう』と言うから、花火会場の近くにある神社の境内で、浴衣をまくり上げました。ツルンとお尻だけ出して、バック体位で深々と結合。ズリュ~っと大きなオチ○チンがアソコの奥まで入ってきた瞬間、私の頭の中にもドドーンと花火が上がりました」

 学生の頃を思い出す、性急な野外での一発であった。

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->