2019.11.01 更新

おじさんに捧ぐ“ナンパ大作戦” その3

~銀座で話題のナンパ激戦区に無謀にも中年おじさんが突入~

 最後は定番のナンパスポットに、おじさんが果敢に挑戦した話です。この夏のイチオシは、やっぱり新橋駅からほど近いJR高架下にある銀座の“某通り”が間違いありません。
 なぜ、ストレートに名称が出せないのか? それは、この通りの団体が「下品な男女が来すぎるから掲載するな!」と、クレームがすごいんです。でも…それほどの盛り場であることは間違いないという、裏付けにもなりますな。

 このお盆休みに出向きましたが、もう全国各地からナンパを目的にした男女が大集結。午後8時を回るとまっすぐ歩けないほどの大混雑でしたよ。女性たちの目的は、銀座周辺で働く一流企業のサラリーマン。そう、ここにいるのは“婚活女子”が大半です。 
 そんな場所では、50~60代のおじさんでは勝負にならない? いえいえ違います。狙う女性を絞れば大丈夫です。

 女性たちの中には、ナンパされたくて繁華街を往復しても、年増だったり、デブだったりして、相手にされなかった“負け女性”がかなりいます。しかし、よく見れば「年齢はいってるがまぁまぁ美人」の掘り出し物がいるんですよね。
 彼女たち負け女性はちょうど終電間際になる頃、周辺地域の安居酒屋でヤケ酒をあおっています。ため息をつき、うつむき、酒が進んで顔は真っ赤…。そんな人を狙うんですよ。
 1人や2人に断られても、めげてはいけません。なにせ負け女性は大勢いるので「一杯おごるから飲みませんか?」と、何度も何度もトライし続けるのです。 ナンパの勝率をさらに上げるためには、おじさんらしく高級時計やブランドバッグなどを持ちましょう。彼女たちはバブリーな生活を夢見ているので、必ず食いつくはずですよ。

 先週にセックスした41歳の女性も、この方法で捕まえました。洋風バーでウオッカを飲んでいた、芸人の友近に似たむっちり系の美熟女です。こちらから「飲みませんか?」と話しかけたら、「今日は全然ダメだった」「最近の男は見る目がない!」と完全な絡み酒です。
 1時間ほど愚痴を聞いてあげた後に、「そろそろ送っていくよ。ホテルでも行く?」と誘うと、すんなりOKです。

 シャワーを浴びて、いざ一戦交えようとすると、彼女は「実はセックスするのは2年ぶり」と告白。婚活中にもかかわらず連戦連敗で、そこに僕から声がかかり「純粋にうれしかった」と喜んでいました。

 豊満な肉体はなかなか乱れっぷりもすごく、最後は「生で中に出して!」なんて求められましたが、そんな婚活女はちょっと危険。きちんとゴム着きで堪能させていただきました。

 現在は彼女の「付き合いたい」攻撃をかわしながら、なし崩し的にセックスフレンドの関係を続けています。やっぱり夏場の女性は積極的です。おじさんでも折れない心を持って頑張れば、絶対ヤリまくれますよ!

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->