2019.11.26 更新

行き遅れ女子のトリセツ~低スペックな男にもチャンスあり! その3

~行き遅れ女子とのトラブル回避~

 常に余裕のある態度こそ装っている行き遅れ女子だが、内面では常にさまざまな葛藤と戦っている。その精神は不安定そのものだ。
 それゆえ、彼女たちとの交際にトラブルはつきものであり、適切な対応が求められる。

「彼女たちは長年の親友にも『結婚なんかクソだわ』などと強がり続けた末、誰にも本音が言えなくなってしまったタイプが多く、日常生活の中で強いストレスがかかると爆発して発狂します。生理前、知人の結婚式前後、社内で若い子と比べられたりおばさん扱いされたときは、特に危険です。SNSに思わせぶりなことを書き込む、唐突に年がいのないギャルファッションに身を包む、ド派手なネイルに模様替えするなど、必ずサインが出るので見逃さないことが大事です」(現役ホスト・20代)

 こうした時期の彼女たちは人が変わったようにイライラして、ささいなことでもぶちキレるため、腫れものに触るように扱う必要がある。カラオケに誘ったり、マッサージを施したり、ストレス解消に努めるのも大切だ。また、若い異性にちやほやされることで、おおいなるカタルシスを得るタイプが多いため、食事の際は会社の後輩を呼び出して、思いっきり持ち上げてもらうのも好手である。

「プライドが高いために自分から結婚こそ口にしませんが、ある時期を過ぎると経済的理由などを口実に同棲を迫ってくるので、ディフェンス能力が試されます。なので『仕事で大きなプロジェクトを任されて転勤になる可能性がある』『昔から両親に結婚するまで同棲禁止と言われている』と、それとなく告げておくなど、あらかじめ先手を打っておくのがいいでしょう」(編集者・40代)

 しばらく都合のいい関係を続けたい場合は、書棚にハワイウエディングのパンフレットを忍ばせておくような小技が、想像以上に効果的だ。

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->