2020.07.19 更新

30代独身OLの実香さん(仮名・32歳)

~地方へ異動する中年部長と餞別代わりの濃厚セックス~

春は出会いと別れが交差する季節。30代独身OL代表の実香さん(仮名・32歳)の勤める会社もまた然り。
「私が今の会社に入ってからずっと直属の上司だったBさんが、地方へ異動することになったんです」
 部下が犯したミスの責任をとる形での異動だというから、お気の毒な限り。

「私に一から仕事を教えてくれた、いわば恩人ですからね。何かお礼をしたいと考えまして…」
 いよいよ異動となる数日前、彼女はB部長にとして小さなプレゼントを手渡した。包みの中に、彼女の連絡先を記したメモを忍ばせて…。

「翌日、彼からメールがあって、二人で食事をすることになりました。お会計のときに私が財布を出そうとすると、彼は『最後まで君の上司でいたいから』と言って。結局、ごちそうになってしまいました。そうなると、私にできる恩返しというと…」

 実香さんが30代独身、B部長は50代既婚。これまでセックスの対象として考えたこともなかったが、最後の思い出づくりとなれば迷う余地はない。
「駅へと向かう帰り道の途中でした。ホテルの入り口を通り過ぎようとする瞬間、さりげなく部長の背中を押しました。彼もなんとなく、予感がしてたんでしょう。自然と、そういう流れになっていました」

 B部長が先にシャワーを浴び、次に実香さんが浴室に入ろうとしたそのとき…。
「彼が言ったんです。『若い女性の、洗ってないアソコの香りが好きなんだよ』って。『ありのままの君の香りと味を楽しみたい』とも…。なので私、シャワーを浴びずに彼の前でアソコを広げました。丸一日、デスクワークをこなした後ですからね。さぞ臭ったと思うんですけど、彼は『おいしい、おいしい』って、まさに舌鼓を打つって感じで、私のアソコを舐め回してくれました」
 50代とは思えない、カッチカチに勃起したペニスを挿し込まれ、実香さんも大満足。
「餞別代わりの、一度限りのセックスと思ってましたが…遠距離不倫っていうのも悪くないかな、と」

 新年度以降、いつ彼に会えるかと、今から楽しみにしている実香さんであった。

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->