2018.12.03 更新

旅先で知り合ったばかりの二人組のぺニスを“一気喰い”

 首都圏の某私大に通う奈那さん(仮名・21歳)が、友人と二人で温泉旅行へ出掛けたときのこと。
「足湯の施設で、男性二人組に声を掛けられました。私たちより少し年上、20代後半の若いサラリーマン風です」
 同じ旅館に泊まっていることが分かり、すぐに意気投合。夕食の後、男性たちの部屋で軽く一杯、ということになった。
「日本酒を飲み慣れてない友人が、ものの30分で酔っぱらって…グウグウ寝てしまったんです。それからは私一人が、彼らの相手をしました。二人が口々に『かわいいね』とか『スタイルいいね』なんて褒めてくるものだから…悪い気はしなくて」
 そのうち「もし付き合うとしたら俺たち二人のうち、どっち?」などという、お決まりの質問も飛び出した。奈那さんが答えあぐねていると…。
「二人から『じゃあ、どっちもOKってことかな?』と言われて、ついそんな気もしてきて…」
 両脇をガッチリ固められた状態で、その場はすっかりエッチな雰囲気に様変わりした。
「浴衣の合わせから胸の谷間をのぞき込まれ、またしても二人から『大きいね』『揉んでみたいな…』と言われて、ちょっとだけならいいかなと。彼らは彼らで、浴衣の中からビンビンに勃起したオチ○チンを引っ張り出して、私の両手に握らせてきました」
 こうなると…もう止まらない。奈那さんは高いびきで寝入っている友人の傍らで、知り合ったばかりの男性二人のペニスを、交互におしゃぶりしていたのだった。
「どちらも硬くて大きくて、今まで体験したモノより立派でした。片方の彼が、上に向かってギューンと反っているような形だったから…まずそちらをバックで挿れてもらいました。もう一本の、先太でゴツゴツしたモノをおしゃぶりしながら、自分からブンブン腰を振っちゃった。昔から〝旅の恥はかき捨て〟っていうんですか、こんなにも大胆になれるんだなと、自分でもビックリです」
 性欲モリモリの男性を独り占めする3Pは、旅の良い思い出となったようだ。

おすすめ記事

関連記事

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。