2019.02.08 更新

IT系企業のOL・優香さん(仮名・24歳)

告白してきた同僚男性2人のペニスをハメ比べる肉食OL

 IT系企業のOL・優香さん(仮名・24歳)は、大学時代に某ミスコンの決勝にまで進んだ経験を持つほどの美人。就職して1年目は仕事を覚えるのに必死で、恋愛どころではなかったが、2年目の夏ともなると多少の余裕は生まれてくる。
「やっぱり(そろそろ彼氏が欲しいな)って思うと、それが男性に伝わるんですかね。立て続けに2人の同僚から、交際を申し込まれました」
 ルックス、性格、将来性…どの点をとっても、甲乙つけ難い2人だった。
「あとは正直、身体の相性ぐらいしか比べるところがなかったんです。やっぱりセックスは上手な方がいいじゃないですか。だから、とりあえずは試食といいますか、1回ヤッてみて良かった方と付き合おうと思ったんです」
 優香さんは1人目の男と、2回目のデートでホテルに入った。
「パンツを脱がせてみると、色白で流線形のシュッとしたペニスでした。形は悪くなかったですね。前戯はまあまあでした。クンニが上手で、舌先でクリトリスをツンツンと、軽く突っついてくるあたり、女心を分かってるなって感じです。肝心の本番は、正常位でリズミカルに腰を動すだけで、至ってノーマル。物足りない部分はありましたが、持続力は合格点でした」
 総合的に見ればまずまず。もう1人の方はどうだったのか。
「竿の中腹と先端が、ボコッボコッと2段階に膨れていて、ツチノコみたいなタイプの極太ペニスでした。前戯は単調で、アソコをコチョコチョ指でくすぐるだけです。それだけで、いきなりバックで挿入してきたから、もうたまりません」
 スーツ姿のときは分からなかったが、大学ラグビーで鍛えた彼の身体は、意外と締まった細マッチョ。優香さんのヒップを鷲づかみにすると、ズンズンズンと力強く出し入れしてくる。
「ズボッと挿し込んだら、あとは激しく腰を振る一直線なセックスでしたけど、私はそっちの方が好みでした。バックで何度もイカされちゃって…」
 というわけで、彼女はこのツチノコペニスの男性と交際を始めた。
「でも、1人目の彼も悪くなかったなと思って…結局、しばらくは二股を掛けて味の違うペニスを楽しむことにしたんです」
 若いうちは経験が大事。この際、もっと相手を増やしてみてはどうだろうか。

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->