2019.06.10 更新

芳恵さん(仮名・43歳) 結婚15年目の専業主婦

~不倫専用アカウントで男を誘うSNS映え露出ポーズ~

“SNS映え”という言葉が、一般的に通じるようになって久しい。ファッションや観光、食生活などをSNSに公開して自慢するという営みに、世間が腐心するかたわら、まったく違う方向性でSNS映えを追求する女性もいる。

 芳恵さん(仮名・43歳)は結婚15年目の専業主婦。SNSにハマり始めたのはここ3年ほどである。

「最初は私も、新しい服とか主婦仲間とのランチの写真とかをアップしていたんです。すると…男性からの〈いいね!〉がたくさん集まったり、メッセージが届いたりして、そのうち〈おいしそうなランチですが、もっといい店を知ってますよ〉なんて、デートのお誘いが来るようになって」

 これはもしや、セックスフレンドの募集に活用できるのでは…。そう思った彼女は、やがて“別アカウント”を持つことにした。

「膝上20センチのミニスカとか、露出多めのキャミソールとかの画像をアップすると、必ず〈着てるところを見せて!〉ってリクエストが来るんです。調子に乗って着用画像を公開すると、今度は〈胸チラ、パンチラが見たい!〉って要望が…。私ぐらいの年になると、女性としての肉体に興味を持たれるだけでうれしいんですね。だからフォロワーの求めに応じるまま、エロい写真を公開し続けました。そして…最終的には、私とのデートを熱望する男性のラブコールにも応じるようになって…」

 こうして彼女の“別垢”は、露出プレイ&不倫相手を募る目的に特化した。
「うれしいことに、実際にデートした男性のほとんどが『思ってた通りの素敵な女性!』と言ってくれます。正直に40代と公開してるからですかね。熟女好きな男性からのお誘いなら、安心して応じられます」

 セックスした男性には、うれしいプレゼントもある。
「デートの記念として、アソコの写真を1枚…撮らせてあげます。顔は入れずに、股間のアップだけど」

 今や彼女のセックスライフに、SNSは必需となっている。

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->