2019.10.07 更新

AV業界インサイダーコラム Vol.8「かつてのAVブームを彷彿とさせる超大型新人がデビュー☆」

 ここ数年、長年AV業界を支えてくれているAVヘビーユーザーの方々から「最近のAV女優は魅力がない!昔の方が良かった!」という声を多く耳にします。

 松坂季実子や桜樹ルイなど台頭したダイヤモンド映像、テレビ番組やドラマ、タレントとしても活動していた飯島愛や朝岡実嶺・憂木瞳など80年代終盤から90年代初頭までが第一次AVブーム、蒼井そらや麻美ゆまを筆頭に、みひろ、小澤マリア、穂花、紅音ほたる、AV女優をアイドルとして売り出した恵比寿マスカッツなどが活躍した2000年代中盤~2010年代前半辺りまでの時期が第2次AVブームと言われていますが、確かにその頃の方が個性豊かな女優が多かった気がします。今はメイクや整形や撮影技術が発達したこともあり、(AV女優に限らず)みんな同じ顔に見えるんですよね。(単純に私がBBAなだけという噂もある)

ところが、この令和になってかつてのAVブームを彷彿とさせる超大型新人がデビューすることになったのです!実は、デビュー前から「謎の美女」として巷で話題になっていたのですが、なんとここにきてAVデビューということで、更に注目を浴びているんです。とあるAV関係者は、「今まで見たAV女優の中で一番キレイだ!」と太鼓判を押すほど。
気になる作品は、「新人 FALENOstar専属 セックスの女神、現る AV DEBUT美乃すずめ」。まず名前がいいじゃないですか。古風で一度聞いたら忘れない名前です。そしてなんと「セックスの女神」!最近のAVのタイトルは「天才」だとか「達人」だとか「天使」だとか表現したりしますが、実際のところの多くは「え?そう?」とガッカリするパターンがほとんど。個人的にはそんなにハードル上げて大丈夫か??と思ってしまうんですが・・・。

作品では、冒頭から一瞬で目を奪われてしまう圧倒的な存在感とその美貌。初々しさもありつつとにかくエロい。その存在自体がまさに「エロス」なんです。彼女が着衣でしゃべっているだけで勃起してしまうでしょう。

そして個人的に感動したのは、2回目のカラミのシーン。彼女の視線や表情に注目してください。まるで本当の恋人同士の濃厚セックスを覗き見ているような錯覚に陥ります。そしてキスシーンの美しさ、どこを切り取ってもヌケる画。これぞ「女神」なんですね。

貴方も本当の女神を見てみませんか?

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->