2020.01.28 更新

AV業界インサイダーコラム Vol.11「デビュー作でAV女優としての天性の才能を感じた、小柄な美少女コスプレイヤー☆」

明けましておめでとうございます。新年早々インフルエンザで寝込み、姫始めどころではなかったFALENOの杉沢です。

さて、2020年一発目は、昨年末に「日本一成功した美容整形コスプレアイドル」としてSNSや週刊誌などで話題になった「明治」こと高嶋めいみちゃんのAVデビュー撮影現場です。

作品は、「新人 超敏感コスプレイヤーAV DEBUT」(12月30日U-NEXTで配信開始)。

撮影当日の朝、可愛らしいロリ系の服装に包まれた小柄な美少女が現れました。漫画から飛び出したきたようなその女の子が今日の主役、めいみちゃんです。

撮影自体に緊張していると言うより「ブスに映らないか」の方が心配だと言うめいみちゃんは、なんだか今まで私が見てきたAVデビューの子とは少し雰囲気が違います。

それは、コンプレックスだったという顔に700万円かけ生まれ変わった美しい顔に誇りを持っているからかと思いきや、彼女の誇りは意外にも一切手を加えていない“0円”のカラダの方。

きめ細やかな白い肌にピンク色の乳首、形の良い丸いヒップ、しなやかで女性らしいボディラインが、きっと彼女のAVデビューの決意を後押ししたのでしょう。それほどに美しいのです。
そして、彼女の最大の魅力は、本来持っているご奉仕の精神です。お仕事だから頑張って責めているという感じではなく、本能で相手をリスペクトし気持ちよくさせてあげようとしているのが良くわかります。

体の触り方や視線、言葉などテクニック以外の部分でもそれを感じることができます。一番わかりやすいのが相手のアナルを舐めるシーンです。多少抵抗がありそうなものですが、百戦錬磨の男優さんが悶えるほどに丁寧に舐め上げ、相手の反応を見ながらリズムよく舌をアナルの中に滑り込ませていきます。そんな事を自然に当たり前のようにやってのけるめいみちゃんには、AV女優としての可能性しか感じません!

「頑張る」だけではやっていけないAV女優の世界では、こういう天性の才能をもっている子だけが生き残れるんだろうなーと改めて感じたのでした。

当ウェブサイト上で提供する記事、写真、図表などの
無断転載を禁止します。

-->